読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモリストHIROTOの独白

ヒモ歴10年の元ヒモ男の贖罪日誌です。

GoodGenesバリューとGoodDadバリュー。恋愛工学のお話。

ヒモリストHIROTOです。 今日は小難しいタイトルにしてみました。 こういう記事を書きはじめたものですから、他の人の書く記事も気になりだす今日このごろでして、世の中には「恋愛工学」なるものがあると知りました。 で、どういうことが書いてあるかという…

女性の浮気の見抜き方はとっても簡単です。

ヒモ男も浮気をされることがあります。 私の10年・30人のヒモ生活の中で、浮気をされたのは1人です。 メロメロにさせて貢がせている状態でも3%ぐらいの確率で浮気されるものなんですね。 そのコは、あや(23歳)という花屋の店員でした。 アニメ好きの女子で…

ヒモ男をたちきる方法から、人妻とヒモ男の共通点が浮かんできました。

ヒモ男に関する記事のほとんどが妄想で書かれているんじゃないかと思います。 また出鱈目な記事をみつけてしまいましたので、まず紹介しておきます。 ヒモ男になる彼氏の特徴。お金をせびりにくる男を見極めよう 1.合鍵を欲しがる 2.定職につかない 3.不幸自…

オンナは、人をランクづけして言動や態度を変えるものである。

読者のみなさんがおわかりのとおり、 私は、女性に向けて書くこともありますし、男性に向けて書くこともあります。 どちらに向けて書かれているかは内容やタイトルで判断してくださいね。 女性に向けて書くことは、だいたいは「こういうのに騙されないでね」…

お客さんの儲け話には首を突っ込まない。

私は、デイトレで調子のいいときは、いろいろな投資話に突っ込んでました。 キャバクラに友人と行って投資の話をしてると、たまに首をつっこんてくる嬢がいます。 これはヒモ男にとって格好の鴨です。 しかも、決まってそういう嬢は腹黒いのです。 味をしめ…

白馬の王子は絶対にやって来ません。

30歳の頃にお付き合いしたアヤナ(28歳)は居酒屋の店長をしてました。 顔は普通でしたが、元気の良い娘でした。 その元気ハツラツさに癒やされました。 ただ、付き合い慣れてくると、うるさく感じてしまうのがこの手の娘です。 正直飽きてしまいました。 ア…

引越し費用をねだりそこからピンハネをするオンナ。

もえ(23歳)はモデルで、これまた腹黒いオンナでした。 売れっ子になりたいという意識が強いのはいいとしても、とにかく欲が深いコでした。 もえが「タワーマンションに住みたい」とねだってくるので、その費用の200万円を支払ってあげました。 あとで、こ…

年をとってもオンナは儲け話に弱いのです。

かつて、私は母親と、叔母に対して儲け話をもっていったことがあります。 「女性は儲け話に弱い」というのが私の持論なのですが、それは年頃の女性だけに限られたのか、年齢に関係ないのか、実証実験をしたくなったのです。 まず、電話をかけます。 「株で運…

私が今まで付き合ってきた中で唯一「人として尊敬できる」女性とは?

「それは、マザーテレサです」というつもりは毛頭ありません。 女性は誰しも腹黒い一面を持っていると思っています。 先日、小池都知事が「したたかじゃない女性なんていない」と発言したそうですが、それはその通りだと思います。というか女性が言っている…