読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモリストHIROTOの独白

ヒモ歴10年の元ヒモ男の贖罪日誌です。

引越し費用をねだりそこからピンハネをするオンナ。

 

もえ(23歳)はモデルで、これまた腹黒いオンナでした。

 

売れっ子になりたいという意識が強いのはいいとしても、とにかく欲が深いコでした。

 

もえが「タワーマンションに住みたい」とねだってくるので、その費用の200万円を支払ってあげました。

 

あとで、このうち敷金と礼金分がゼロだとわかりました。

浮いた100万円以上を彼女はピンハネしていたのです。

 

こういう時、私は女性にそれを問いただすことはしません。

そのかわり、「成敗してやろう」と、ちょっとモードが変わるだけです。

 

まだ付き合ってもないのに、200万円を出しています。

 

「ちょっとお金貸してよ。」からはじめます。

 

彼女は渋ります。ケチなオンナでした。

 

「だったたらいいよ、200万円返しなよ」

 

「そんな薄情なオンナなんだあ。」

 

このようなことを言っていくうちに、付き合うことになりました。

 

女性はその関係値で相応しくない施しをしてもらうと、どこかで引け目を感じます。

そこで否定されることに怯えてしまうのです。

 

今回は付き合ってないのに200万円の引越し費用を出しています。

 

これ自体が不自然なことなのに、当の本人は「モエ(自分)のことが好きだから当たり前だ。」と思っているわけです。

 

そこで、「じゃあ返せよ。」と言われると、私のモエに対する好意という前提が壊れるわけです。好きであるはずの相手がいなくなることに怯えるわけですね。

 

こうなれば時間の問題です。女性は必ず落ちます。

 

こうなった女性をきちんと口説き落とす方法については、信用を引き寄せ、感情を自在にコントロールする方法にてじっくり解説しておりますので興味がありましたらチェックしてみてください。

 

 

 

モエと交際がはじまったら、今度は払った200万円の回収をしなくてはなりません。

 

とはいえ、甘え上戸でプライドの高いコでしたので、100万円分はブランド品などを買ってあげたとは思います。

 

結果的には700万円を貢いでもらいました。

 

もし彼女がタワーマンションの費用だけもらった時点で「利益確定」として、逃げたら、私は泣き寝入りしていました。

 

ところがそうがならないのが、オンナの欲深さです。

 

まだねだれる、まだねだれる、と思っていくうちに、私のデイトレに味をしめ、カンパをしてしまうのです。

 

「次の家賃払えなかったら辞めておこうよ」といっても聞きません。

 

「家賃まで手を染めるなんて、そんなバカじゃよ」と答えます。

 

それがバカなんです。

まだ資金があるよと言っているようなものなんです。

 

こうして、無事に腹グロオンナの成敗を果たしました。

 

付き合ってからわかったのですが、モエはモデルの専業ではなく、キャバ嬢もやっていました。こういう嘘をつくから、ヒモ男に成敗されるのです。

 

 

 

興味をもっていただけましたら、メルマガ「ヒモリストHIROTOの独白」も購読していただけたら嬉しいです。