読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモリストHIROTOの独白

ヒモ歴10年の元ヒモ男の贖罪日誌です。

お客さんの儲け話には首を突っ込まない。

ヒモ男から女性へのアドバイス ヒモ男の手口 ヒモ男からお金を守る 女のあさましさ 女の欲深さ

 

私は、デイトレで調子のいいときは、いろいろな投資話に突っ込んでました。

 

キャバクラに友人と行って投資の話をしてると、たまに首をつっこんてくる嬢がいます。

 

これはヒモ男にとって格好の鴨です。

 

しかも、決まってそういう嬢は腹黒いのです。

 

 

味をしめると、「その話、友達もまぜていい?」と言ってくるのです。

こういう場合は、大抵はその友達の儲け分からピンハネしようとしてます。

 

 

みえ(26歳)はそんな嬢でした。

最初300万円を私に託して、その後700万円を託しました。

そしてその友達は400万円をみえに託して、私に託してきました。

運用益を、その友達にいくらバックしたのかは知るよしもありません。

 

 

もちろん、その過程でみえとは男女の関係になりましたから、

いつもの流れで儲けは食いつぶしました。

 

 

ヒモ男にメロメロになると、結局、女性は全てを貢いでしまうのです。

だから、人の儲け話には首を突っ込んではいけないのです。

 

 

 

れみ(23歳)も、そんな感じで食いついてきた嬢です。

お金を持っているコほど、自分から食いついてきます。

 

「私はお金を持っています」という情報を与えれているようなものですから、ヒモ男は鴨だとおもって狙ってきます。

 

だって、軍資金も提供してくれるし、そこで儲けたお金も結局自分のものになるからです。

 

ヒモ男というのは、いわば大富豪の奥さんみたいなものです。

旦那が稼いできたお金を食い潰すわけです。

 

そう考えるとわかりやすいと思います。

むこうはメロメロなんだから、儲けてもスッっても、どんどん貢いでくるわけです。

 

結局、レミは800万円を貢いでくれました。

 

私の場合は、デイトレの運用実績をきちんと共有しますし、逐一、彼女の判断をあおぎます。(儲かったら、彼女と一緒に使い込んじゃうから無くなっちゃうわけですが。)

 

でも、世の中の投資話というのは、託したらドロンというのも少なくないわけです。

そんな時に、お店は味方してくれません。お店も禁止しているはずです。

 

なのに首をつっこむというのは、よほど欲深いのでしょう。

こんな状況なのだから、絶対に鴨にされます。

 

 

仮に、お客さんたちが普通に善人だった場合も、男たちからしたらウザいです。

 

男は基本的にプライベートで女性とビジネスをしたがりません。

投資話はなおさらです。

もともとリスクの高いものだから、信頼している男仲間としかやりません。

 

そんなところに、赤の他人の女性を、いくら好きだからといって混ぜることはないです。

 

あとで「儲からなかった」といって、こじれられてもたまったもんじゃありません。

店にも寄り付かなくなるでしょう。 

 

 

だから、お客さんの儲け話には首をつっこまない。

 

 

わかりましたか?

 

 

これは絶対守ってくださいね。

 

 

 

 

折角の機会ですから、投資話の危険回避方法についてお話します。

最初はうまくいくけど、途中でうまくいかなくなるのが、投資話のオチです。

 

 

投資金額がステップアップしていくと不安になると思います。

そのときに、友人にも信じていいものなのか判断をあおぎたくなるものです。

そうすると「会わせたい人がいる」なんて、先方に言っちゃうわけですよね。

 

 

不安がよぎったときは、相手に何かをしかけたら逆効果です。

「そもそも、自分で判断できる金額だけでやればいいじゃん」とかわさるだけです。

 

 

それどころか、相手はここぞとばかりにまくしあげます。

人間は危機回避を一度しくじると、土壷にハマるものなんです。

私自身、投資話につっこんで、失敗した経験があるからわかります。

 

 

しくじりが重なっていくと、一発逆転だけを狙うようになります。

相手が悪いと、どんどん巻き上げられます。

悪徳風俗店のタケノコはぎのようなものです。

 

 

ちょっと不安だと思った時は手をひくことです。

たとえ損していても、損切りすること。

 

 

まだ儲かっていて、金額が大きくなることに不安だったら、そこで利益を確定させて身を引くことです。

 

 

 

興味をもっていただけましたら、メルマガ「ヒモリストHIROTOの独白」も購読していただけたら嬉しいです。