読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモリストHIROTOの独白

ヒモ歴10年の元ヒモ男の贖罪日誌です。

結婚を求められて、ヒモ男の卒業を決めました。

ヒモ男の弱点 ヒモ男と結婚 ヒモ男の心理

 

いよいよ最終節となりました。

 

ヒモ男は「結婚」という言葉に弱いというお話をします。

 

アミ(28歳)はサロンを数店舗経営していました。

 

アミとは飲み会で知り合いました。

彼女は株の運用をしてましたから、話がとんとん拍子にすすみます。

 

「じゃあ私のお金を運用してみてよ」と60万円ポンと出しました。

 

それからいつもの流れで交際するわけですが、もともと株をやっている彼女のことですから、理解が早いんですよね。

 

生活費や運用損、お小遣いを含め、2年で3000万円くらい貢いでいただきました。

アミは儲かっている経営者のことですから、男を年間1500万円で維持するのは何の苦もないわけです。

 

 

 

ヒモ男の宿命として、お付き合いする女性のお金がつきると、ジエンドなのですが、アミの場合はそれがありません。

 

とても居心地が良い2年間だったと思います。

 

でも、折にふれて「結婚」を持ち出すようになりました。

 

ヒモ男は「自由」を大切にする生き物です。

 

衣食住と女性の愛情が足りていても、窮屈なのです。

 

というわけで、自分の部屋を借りて、独身生活をはじめました。

 

連絡が来ても、なかなかとれないようにしてました。

 

どんどん、アミと会うのが億劫になってきました。

 

ついに電話番号をかえました。

 

こうして、私はアミから卒業しました。

 

いや、ヒモ男自体を卒業することにしました。

 

 

興味をもっていただけましたら、メルマガ「ヒモリストHIROTOの独白」も購読していただけたら嬉しいです。