読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモリストHIROTOの独白

ヒモ歴10年の元ヒモ男の贖罪日誌です。

ヒモ男に引っかからないための見極めポイント

 

「ヒモ男 ひっかからない」でGoogle検索すると1位で出てくるのがこの記事です。

 


この記事もまた出鱈目でしたので、きちんと反論したいと思います。

まず、写真から。「ヒモ男=イケメン」ではありません。

女性の方はあまり期待しないでください。

 

 

 

1.不機嫌になると自分の世界に入る

「自分に都合の悪いことはなんにも聞こうとしない!!もういい聞きたくないって言われて無視されるか、部屋を出ていくから困っている」(26才/公務員)

 

これってダメ男のことですよね。世間の方たちは「ヒモ男=ダメ男」と決めつけている節があるので、甚だ困ります。

 

手段としてダメ男を演じるヒモ男はいるかもしれませんが、ダメ男ならもれなくヒモになれるわけではありませんので、ダメ男の皆さんは期待しないようにしましょう。

 

あくまでも、ヒモ男は夫婦関係の逆パターンです。

「スペックでパートナーを選び、お金か愛情が尽きると別れる」という生態の男バージョンです。

 

世の中の妻がすべて「ダメ女」ということはありませんよね。

 

 

2.恋愛経験が少なそうな責任感の強い女性を好む

「幼なじみがヒモ男にずーっと騙されてる。前は頼りがいのあるリーダータイプだったのに、今はみんなにあきれられてかわいそう。ホントなにやってんの?って感じ!!理解できねーよ」(20才/学生)

 

 これはまた乱暴な理論ですね。恋愛経験が豊富な女性でもヒモ男にはひっかかりますし、責任感強い弱いは関係ありません。ヒモ男にメロメロになれば、責任感が弱い女性もせっせとお金を貢ぎます。

 

ヒモ男は、世の中の妻とおなじく、経済的にリッチな方を好むわけで、パートナーの内面や経験まで踏み込んで選ぶことはありません。

 

3.非常にわがままで、人の気持ちを考えない

「昔から甘やかされてきましたーって感じ。たぶんお金とかももらってたんじゃない?それが大人になってもうまく行っちゃうんだから、ありえないよね」(20才/アパレル)

 

これもまた出鱈目です。ヒモ男は相手の気持ちを察知できないと務まりません。

相手にとって常にメリットがあると感じてもらうためには、相手の気持ちの変化を読んでいかなくてはなりません。何度もいいますがダメ男とヒモ男は違います。

 

4.プライドがものすごく高い

「お金をもらっていることがほかの人にばれそうになるとすんげー怒る。悪い奴じゃないんだけど、何回言っても彼女からお金もらってくる。こっちが彼女に申し訳なくなるわ」(25才/IT)

 

はい、これダメ男です。ヒモ男は「プライド」から自由なのです。

 

5.母性本能をくすぐる顔立ち

「不細工なんだけどなんか可愛いの。他の女の人にも人気あるみたいだし…」(20才/フリーター)

 

愛想の悪いヒモ男はいませんが、母性本能をくすぐってはいません。

 

そもそも「母性本能」というものはないという学説もあります。

「あの人を守ってあげなくちゃ」と思ってしまった現象に対して、「これは母性本能なんだわ」と決めつけちゃって納得しているというのです。

 

私は、ヒモ男にはまっていく現象は、母性本能からきているのではなく、「彼氏がいなくなるデメリット」から来ていると考えています。

 

6.甘え上手

「『お腹空いたよ〜。お前のご飯食べたい。』なんて可愛い顔して言われると、つい食事を提供してしまう・・。ダメなんですけど、しかもどう考えても相手はヒモになりかけてるんですけど、やめられないんです。あの人が甘え上手なのが悪いんです。」(27才/IT)

 

あるにこしたことのないスキルですね。

しかし、甘え上手がみんなヒモになれると思ったら大間違いです。

いかに女性から「自分をメリット」と感じてもらえるかなのです。

 

世の中の男性は、妻がいるメリットを感じてるから、妻を大切にしているのだと思います。それと「ヒモ男のあり方」はかわらないのです。

 

 

あまりにもいい加減な記事だなとおもって、ライター紹介を見てみました。

 

大学生ライター。物好きな性格ゆえにいろいろ巻き込まれてきたが、何とか生きている。独特な目線で物事を見ており、主に恋愛・人間関係を執筆中。

 

女子大生が書いているなら、この内容も仕方ないですね。

ヒモ男に貢いだ経験がないのですから。

 

 

でも、まったく経験がない人がアドバイスしちゃっていいのかなあ。

女性のヒモ貢ぎ経験者が読んだら、すぐに出鱈目だとわかってしまいます。

 

 

経験がない人が経験のない人に「ヒモ男にひっかからないでね」って教えているんですね。中学生のセックス談義みたいなものでしょうか。不思議な世の中になったものです。

 

 

興味をもっていただけましたら、メルマガ「ヒモリストHIROTOの独白」も購読していただけたら嬉しいです。