読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモリストHIROTOの独白

ヒモ歴10年の元ヒモ男の贖罪日誌です。

すべての男の憧れではない。ヒモになりたい方へ。

ヒモ男に関する間違った認識 ヒモになりたい ヒモノウハウにダマされるな

 

「ヒモ男」とか「ヒモ生活」など、ヒモに関する検索は月間6万回ほどあると聞きました。わりと多くの皆さんがヒモに興味をお持ちなのだと思います。

 

「ヒモになりたい」とGoogleで検索してみました。

 

すると、この記事が1番目に出てきました。

 


ヒモ男から言わせると、半分以上が出鱈目です。

 

ですので、しばらくは、Google検索で上位に出る記事に関して、私の見解と違う部分について論じてみたいと思います。

 

世の中に、ヒモ生活の経験者は私だけではないので、人それぞれの見解はあるかとおもいますが、あまりにも断定的に「ヒモになりたいなら、こうしろ」というのは、愉快ではありません。ヒモのなり方というのは、もっとたくさんのバリエーションがあると思うんですよね。

 

 

 

では、当記事の【ヒモになるための必殺技10】の内容に即して、私の見解をのべていきたいと思います。

 

1 初デートはオゴって、男らしさを見せる

→初デートではなく、初対面がすごく重要だとおもっております。



2 1日中デートするより、1時間でいいから毎日会う!

→そんなことはありません。


3 話し方は堂々と、根拠のない自信を持つ

→確かに自信がないといけませんね。でもその根拠を女性にもわかってもらわないといけません。


4 “有名になる”など壮大すぎる夢を語る

→これはまったくの出鱈目です。私は一度も壮大な夢を見たことがありません。

なぜこんな出鱈目を書くのか不思議でたまりません。



5 「お前は俺がいなきゃダメだな」で洗脳

→そりゃそうなんですが、読者のみなさんは「どうやって洗脳するのか」を気にしていると思うんですよね。これは結果の状態です。



6 まずはトイレットペーパーなどの日用品を買わせる

→確かに小さいお願いごとをするのは有効です。でも「トイレットペーパーが有効なんですか?」ってことです。この時点で彼女の家に入り込んでいるのでしょうか。そしたらもっと別のことをしてもらいましょうよ。



7 ヤバイ状況になったら泣き落としで感情に訴えかける!

→これも「なし」です。やばい状況ってなんですかね。そんな簡単にやばい状況にはなりませんよね。

 


8 感情表現は欧米人や芸人並みにオーバーに!

→これも嘘八百です。私は常にニコニコしてますが、いたって日本風のスマイルです。

 


9 家事をこなして、いないと困る男になる!

→私は家事を一切しません。なぜ「ヒモ=家事専門」になるのでしょうか?

そういうイメージを世間に植え付けて、ヒモというのがダサいと認識させようとしている意図があるのでしょうか?

女性に貢がれたことがない男のヒガミのようにすら聞こえます。

 


10 女の愚痴やヒステリーは制止せず、ひたすらうなずく

→これもなしですね。第一、愚痴をいう女は腹黒いです。そんな女性のヒモになりたいのでしょうか?

 

 

いかがだったでしょうか。

 

参考になれば幸いです。

 

 

興味をもっていただけましたら、メルマガ「ヒモリストHIROTOの独白」も購読していただけたら嬉しいです。