読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモリストHIROTOの独白

ヒモ歴10年の元ヒモ男の贖罪日誌です。

ヒモになりたい男に贈る「ヒモになる方法」

 

次は、「ヒモになりたい」でGoogle検索2位ででてきた記事に対して、反論してみたいと思います。

 

 

この方は、ヒモ歴5年だそうです。

確かに半分くらいは本当だと思いました。

 

でも、この方、ヒモにしていただいた女性の経験数は7回とあります。

貢がせ金額の総額が2000万円とありますね。

1人あたりの予算は300万円ですね。いい線ついてます。

 

 

私は10年で30人なので、それを自慢しても仕方ありませんが、さっそくアラ探しをしてみます。

 

変なプライドを持ってる男は絶対にヒモになる事はできません

 

まず、これに関してですが、プライドの有無は関係ないと思います。

よくわれる「ヒモはプライドを捨てろ」ということなんだと思いますが、女性からの頼みごとでも嫌なら断ればいいです。この方は、女性の頼みごとを「ヒモたる者の仕事」だと思っているようです。ご苦労様です。

 

 

自分といてメリットを感じてもらうことが大切

 

これは正しいですね。というか当然じゃないでしょうか。

人間はメリットのない人と付き合いません。

傍から見てメリットがないようにみえても、本人からメリットがあると感じていただればいいというところに、ヒモ男ならではのテクニックがあると思います。

ですので、読者のみなさんが考える「女性にとってメリットのある行動」という認識が間違っていると思います。

 

 

を持ちましょう。

 

これは出鱈目です。何度も出てくるフレーズみたいなので、いちいち解説をするのが面倒くさくなりました。信用を引き寄せ、感情を自在にコントロールする方法で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

 

時にはダメ男になることも必要

 

そんなことはないです。ダメ男になって母性本能をくすぐりたいのでしょうか?

私は母性本能と洗脳には関連性がないと思っています。

 

 

キャバ嬢、風俗嬢など、お金はあるけど使い道に困っていたり寂しがりやな女の子。あとはリストカットしちゃうような心に闇を抱えてそうな子とか。

 

というのが小野さんのターゲットみたいですが、使い道に困っているコなんているんでしょうか?必ず何かの目的があって貯金を貯めていると思いますし、本当に貢ぎたい人がいれば、借金をしてまで貢ぎます。

心の闇があるとか、依存性の高いというコを狙うのは大変危険です。私はオススメしません。

 

「僕が心の支えになってあげればいいのですね。メンヘラカモン!!」

 

この編集者、バカですね。

記事を面白おかしく書いているのだと思いますが、大変危険です。

「ご利用は計画的に」というアドバイスをしてあげたいです。

 

 

「いいんです(笑)むしろヒモを持ってる女性というのは”好きな人が欲しい物=自分の欲しい物”に変わるんです。だから素直に欲しいと言いましょう。」

 

これはいい考え方です。欲しいものを異性にねだるのは、万国共通です。

 

「どうしてもヒモにしてくれる女性の質を高めたいのであれば、自分の質を高めるべきでしょう。」

 

この考えには賛同できません。

はじめから、素晴らしいと思う女性を狙うべきです。

 

「このコは最高じゃないけど、俺のレベルだとしょうがないかな」と思っている時点でその女性に大変失礼です。

 

 

「あなたが今までで最高の女性です」と心の奥底から思ってこそ、ヒモ男冥利につきるのではないでしょうか。

 

 

「ヒモになりたければ自分の利益だけを考えてはいけない。相手に尽くすこと。」

 

いい感じにまとめてますが、極悪非道なヒモ男もいますので、十分ご注意ください。

自分の利益だけ考えるようなゲス男も、うまく洗脳してお金をまきあげてしまうことがありますから、女性のみなさんは「ヒモ男=相手に尽くす男」と勘違いしないようにしてください。

 

 

今回は以上になります。参考になれば幸いです。

 

 

興味をもっていただけましたら、メルマガ「ヒモリストHIROTOの独白」も購読していただけたら嬉しいです。